本文へスキップ

注文住宅を新築したりリフォームの際に考えてもらいたいエクステリア。

物置の設置

邪魔な荷物

生活を豊かに彩るエクステリア/邪魔な荷物

長年生活しているとどうしても荷物は増えてしまいます。 もう使わないかもしれないけどもしかしたら使うかもしれない、その場合に備えて 念のためキープしておこう、といった物が住宅内部を圧迫していくのです。 物によってはリサイクルショップで処分してもいいのですが、あまり高価買取が 期待出来ないような物ですとそれも気が進みません。 そこで白羽の矢が当たるのが物置で、これを活用されるご家庭は少なくないのです。 日常的には使わないバーベキューセット、買い換えた時に不要になったけど捨てる のは少しもったいない自動車の純正タイヤ、冬にしか稼動しない石油ストーブ なんかは、建物の外部に設置した物置にしまっておいても困りはしません。 下着やデリケートな材質でできているもの、精密な電子機器や食料品は物置の中に 置くことには抵抗がありますが、そうでなければ利用したいものです。 邪魔な家具や荷物を住居内から除去することで手に入れられる恩恵は絶大です。 お掃除もしやすくなりますし、広々とした部屋で寛げるようになるので家族の みなさんもストレスなく生活できるようになります。


設置方法

ではどうやって物置を設置すればいいかですが、まずは場所を確保しましょう。 どれだけの敷地面積が必要になるかは物置のサイズによりけりですので、先に 製品を選んでから場所を決めるか、設置場所に合わせてどれを購入するかを決定 する流れのどちらかになります。 お庭が一般的ですが条件さえ合えばベランダやテラスにも設置可能となっており、 安全面でアウトと判断されなければガーデン以外のスペースでも構いません。 そこは業者など専門家に相談すれば正しい答を得られるでしょう。 場所と製品が決まったら設置となりますが、購入した業者に組み立てを依頼すれば 完成まで責任を持って引き受けてもらえます。 でも大きくはない物置なら購入者自ら組み立てをされることも多く、特に男性なら 楽しみながらその作業をされているようです。 プラモデル感覚なのか、自分の手で作り上げる過程を楽しめるのならやってみても いいと思います、その方が愛着も沸きますしね。 ただし力仕事になりますので女性には向かないかもです。


製品寿命

エクステリアであることからも、物置の製品寿命は知りたい情報のひとつです。 ガーデンリフォームをするタイミングを決めるのに参考になるデータですし、 住宅を取り壊して新築する場合も物置があと何年使えるのかは気になります。 保証期間はだいたい2年から5年のものが主流となっていますが、設置場所の 環境によって寿命も大きく変わるのでこれは参考程度に留めておくのがいいかも しれず、似たような立地で使用されている方から話を聞いたほうが近い数値を 手に入れられるでしょう。 丁寧に取り扱われて直射日光や暴風雨に晒されにくい場所にある物置なら、10年 どころか20年以上も連続で毎日中の荷物を守ってれますし、メーカーが定めた 保証期間は最低限の年数だと捉えるべきです。 サビが一番の敵となりますので、それに気を使っておけばかなりの耐用年数が 期待出来ますから費用対効果もバツグンです。 ぜひとも一家に一台ですね。