本文へスキップ

注文住宅を新築したりリフォームの際に考えてもらいたいエクステリア。

駐車場

駐車場のスペース

生活を豊かに彩るエクステリア/駐車場のスペース

狭いお庭の中から捻出しなければならない駐車場のスペースですが、どれほどの 大きさが求められるのでしょうか。 横幅は2.5メートルが一応の基準になりますが、大きな車ですとこれでは狭い 場合もありますのでもう少し余裕を持たせてもいいでしょう。 また周囲の状況によっても広さが足りなくなることがあります。 駐車場に面している道路の幅によっては、スムーズに車庫入れするのにもうちょっと スペースが欲しくなるのです。 広い道路から突っ込むのなら切り返しの余裕のありますし多少シビアな設計でも 自動車を目標地点に納めることができますが、狭い車道からだとそれが難しくなり ますので、幅も広くしたほうが安全になります。 駐車場の大きさを決めるのは車種と面している道路、この2つとあとは何台の 自動車を受け入れるかになるでしょう。 運転者の立場からは、許される範囲内でできるだけ広くしたいですね。


駐車場の路面

お庭に隣接する駐車場だと飾り気も欲しくなりますし、玄関へのアプローチの ようにタイルを敷いてみたいと提案する奥さんもいますが、これは危険なので あまりやらないほうがいいでしょう。 少年や少女が踏んでも簡単には割れないタイルも、自動車の重さには耐えられずに パキンと音を立てて砕けてしまいます。 それを避けて駐車してよ、という注文をつければいいのですが、あまりうまい アイデアにも思えませんしどちらにせよ大人が通る場所にはタイルを敷材として 使用することは推奨されていないのです。 雨の日には滑りやすいので転んでしまうかもしれませんし、タイヤが滑ったら もっと惨事になりかねません。 重量を考えると普通に舗装するか、砂利を敷いておくのがいいでしょう。 どうしてもなにか特別な仕掛けが欲しいのなら、重さにも耐えられて滑りにくい 材質の物を使って下さい。


カーテンゲート

自宅の駐車場の簡単なセキュリティーとして採用されやすいカーテンゲートは、 デザイン性にも優れた品揃えとなっておりますので、ガーデンリフォームの一環 として新設されるご家庭もあるでしょう。 女子供でも簡単に開閉できる伸縮性のカーテンゲートは、軽さを感じさせますが これがだけで愛車の盗難防止におおいに役立ちます。 鍵をかけられるタイプもありますし、すぐには開けられないような仕組みにして おけば盗難グループから狙われにくくなるでしょう。 難点は扱いやすさを追求しているので風に煽られる程度でも動いてしまうため、 風を受けやすい場所だとガタガタうるさい音を立ててしまうことでしょうか。 少しの力で開閉できるのはいいのですが、強風でも開いたり閉じたりしようと するので、台風シーズンはやかましく感じるかもしれません。 そうならぬようにはしっかり固定するしかありませんが、それも頻繁だとちょっと 面倒になってくるでしょう。 カーテンゲートは一年中無風に近い場所での設置がお勧めです。